top of page

宮大工 夢の八角堂に挑む


宮大工 飛鳥工務店(静岡)による法多山尊永寺 愛染堂新築工事の記録映像のお仕事をさせていただいています。住職さんを始め、宮大工さんたちが本気で1000年以上持たせる建築を目指して奮闘されています。法隆寺夢殿をモデルに八角堂を現代の職人が新たに造成する工程をどうぞご覧ください。



”木も大変だけど、瓦も大変だわこれは” という住職さんのコメントがありますが 、 これは職人にとって最高の褒め言葉となったのではないでしょうか。 見どころ (0:52~) 100年、200年と持たせるために、瓦職人が精魂込めて瓦を葺いています。完成後には隠れてしまって人目に触れられることのない部分にこそ、願いを込めて丁寧な仕事をされている様子に大きな感銘を受けました。 定例会は現場で行われます。当初は室内で行われていましたが、棟梁の想いで職人が現場で自分の仕事ぶりを説明できるプレゼンをするスタイルになってきました。住職さんと職人さん、現場だから生まれるアイデアがあるのだそうです。






最新記事

すべて表示

N先生とカラヤン

20代のころ高校地歴の非常勤講師をしていた私。世界史の授業で産業革命による変化を説明するときに、ピアノを取り上げようと思ったことがありました。 私はそれまでクラシックをたしなむということはなく、自分でCDを買ってみたいと思ったことがなかったのですが、授業で取り上げるからには実際に良さを理解していなければと、 まずは5枚ほどのCDをレンタルしました。クラシック音楽をそれまでの人生で初めてといっていい

地域の音で「ASMR」を

遠州の小京都森町にある小國神社で収録をさせていただいた雅楽の演奏です。 ”流れるように” 調和の美をどうぞお聞きください。  海外配信サイト SOUND CLOUDのリンクです。高音質を選ばれる方には、こちらでの再生がおすすめです。

Opmerkingen


bottom of page