top of page

いかにローカルの人々をとらえるか


静岡県浜松市の懐石いっ木 一木さんを取材させていただいた。


人口の比率で考えるとほとんどがローカルの人々。その方々の嗜好をいかにとらえていくかが大事になってくると一木さんは考えています。




東京は最先端の料理が受け入れられる。でも地方では必ずしもそのスタイルが取り入れられるとは限らない。地元の人が慣れ親しんだ味が好まれる。でもそれを出し続けていると飽きられてしまう。だから最先端の味を上手に取り入れていく。その匙加減が職人として必要とされる感性ではないかと一木さんは語ってくださいました。


京都で修行したのち、地元の静岡県に戻って店いた一木さん。日本料理部門で県知事賞を受賞したその技術と職人としての確固たる哲学をご覧ください。




最新記事

すべて表示

N先生とカラヤン

20代のころ高校地歴の非常勤講師をしていた私。世界史の授業で産業革命による変化を説明するときに、ピアノを取り上げようと思ったことがありました。 私はそれまでクラシックをたしなむということはなく、自分でCDを買ってみたいと思ったことがなかったのですが、授業で取り上げるからには実際に良さを理解していなければと、 まずは5枚ほどのCDをレンタルしました。クラシック音楽をそれまでの人生で初めてといっていい

Comentarios


bottom of page