top of page

デザイナーからお茶師へ


にしたなの森下さんはデザイナーから製茶会社に転職した異色の経歴の持ち主。奥様の家業を継ぐために、”畑にでて、茶葉を育て、製茶をする。”という以前と全く違う生活を始められたのだそうです。


太陽の光を浴びて日々お茶と向き合う今の仕事に非常に満足をしていると晴れやかな表情で自身のこれまでの歩みを語ってくださったことがとても印象的でした。


収穫されたお茶の葉を蒸して乾燥しながら成形していく工程が荒茶工程。真剣なまなざしで、お茶師として製造現場に立つ森下さん表情にフォーカスを当てて撮影、編集をしました。



最新記事

すべて表示

N先生とカラヤン

20代のころ高校地歴の非常勤講師をしていた私。世界史の授業で産業革命による変化を説明するときに、ピアノを取り上げようと思ったことがありました。 私はそれまでクラシックをたしなむということはなく、自分でCDを買ってみたいと思ったことがなかったのですが、授業で取り上げるからには実際に良さを理解していなければと、 まずは5枚ほどのCDをレンタルしました。クラシック音楽をそれまでの人生で初めてといっていい

Comments


bottom of page